■アジサイが見頃 山県の三光寺

■アジサイが見頃 山県の三光寺 「あじさいの山寺」で知られる山県市の美山地区・富永の三光寺で「あじさい祭り」が、6月30日まで開かれています。 三光寺のアジサイは、日本に古くから自生するヤマアジサイが中心で、約160品種1万株が境内の山裾に咲いています。 花は園芸品種のセイヨウアジサイと比べ、小ぶりです。 「紅」「虹」「七段花」「イワガラミ」「黒姫」「白鳥」などの品種が見…

続きを読む

■REIKIの聖地・天鷹神社の桜が満開!!

■REIKIの聖地・天鷹神社の桜が満開!!  山県市の美山・谷合の天鷹神社の桜が満開でした。  美山・谷合の天鷹神社には、霊気治療の創始者・臼井甕男氏が建立した石鳥居があり、ヒーリング技法として世界的に知られるREIKIの創始者・臼井甕男氏の聖地として、世界の多くの人たちが訪れる巡礼の聖地としても知られています。また、昨秋、建立された「霊気治療の創始者「臼井甕男生誕之地」碑があります。 …

続きを読む

■おなみ桜が見頃です!! 山県市葛原の乳児の森公園

■おなみ桜が見頃です!! 山県市葛原の乳児の森公園  今シーズンの桜は、3月末から4月初旬にかけて寒い日が続いた影響で、開花時期から満開までの期間が長く、ゆっくり桜を楽しめそうです。  本巣市の根尾の薄墨桜が4月6日には満開となり、多くの見物客が訪れています。山県市の美山・葛原地区の乳児の森公園には、薄墨桜の姉妹桜と言われる「おなみ桜」があります。山に近く、日陰となる時間が長いため、…

続きを読む

■恵方巻きの海苔を祈祷してもらいました

■恵方巻きの海苔を祈祷してもらいました  2月3日の節分を前に、山県市中洞の手作り郷土料理の店「さくら工房」の松本須磨子さんと大鹿たか子さんが1月30日、アジサイ寺で知られる三光寺(室戸弘全住職)を訪れ、節分用の太巻き寿司「恵方巻き」に使う海苔(のり)を祈祷してもらい、購入者らの開運や無病息災を祈りました。  同店では、17年前の開店以来、同寺で恵方巻き用の海苔を祈祷してもらって…

続きを読む

桑の木豆のごはん 手軽に作れます!!

■桑の木豆のごはん 手軽に作れます!!  ホクホクとした食感で素朴な味がおいしいと、県内外の観光客に人気のある「桑の木豆おこわ」が、家庭の炊飯器で簡単にできる「ごはんの素」が開発され、11月中旬から全国で販売されます。  「桑の木豆」はインゲン豆の一種で山県市船越地域の農家28軒でつくる「桑の木豆生産クラブ」が栽培。県の「飛騨・美濃伝統野菜」の認定を受けている特産品。 「お…

続きを読む

狂俳を行灯に 藤倉の十日祭

■狂俳を行灯に 藤倉の十日祭  俳句より短い12音で表現する「狂俳」を書いた行灯(あんどん)を飾る「十日祭」が9月15日、山県市藤倉の藤倉遊園地で行われ、多くの人たちが明かりをともした行灯や最後の盆踊りを楽しみました。  狂俳は、お題に対して7・5、5・7の12音で表現する短詩型文学の一つ。旧伊自良村では120年ほど前から狂俳の愛好者グループができ、大正年間には結社もできました。…

続きを読む

レイキ創始者・臼井甕男氏の生誕地に記念碑

■レイキ創始者・臼井甕男氏の生誕地に記念碑  世界的な癒やしの健康法、ヒーリング技法として知られる「REIKI(霊気・レイキ)」の日本での創始者・臼井甕男(うすい・みかお=1865~1926年)氏のゆかりの地・山県市谷合の天鷹神社参道脇に生誕地記念碑が完成、8月30日に完成式が行われました。  碑を建立したのは、レイキ実践者らで構成する「記念碑建立プロジェクト実行委員会」(土居裕代表…

続きを読む

子どもみこしも頑張る!

■岐阜まつり 子どもみこしも頑張る! 4月7、8日は、岐阜まつりでした。 「道三祭り」として知られますが、岐阜市近郊の神社の春まつりをまとめたような感じです。 「道三祭り」は、岐阜市の商店街を中心に、JR岐阜駅から柳ケ瀬周辺で、様々なイベントが繰り広げられます。 「ふれあいたいむず」の配布地区は、長良川以北ですので、子どもみこしは、なかなか参加できません。地域の氏神さまでは、…

続きを読む

恵方巻きの海苔をご祈祷

■恵方巻きの海苔を三光寺で祈祷してもらいました  2月3日の節分を前に、山県市中洞の手作り郷土料理の店「さくら工房」の松本須磨子さんと大鹿たか子さんが1月30日、アジサイ寺で知られる三光寺(室戸弘全住職)で節分に食べる太巻き寿司・恵方巻きに使う海苔(のり)を祈祷してもらい、購入者らの開運や無病息災を祈りました。  同店では、15年前の開店以来、同寺で恵方巻き用の海苔を祈祷してもら…

続きを読む

伊自良大実連柿 すだれ状に成長中!

■伊自良大実連柿 すだれ状に成長中!  山県市伊自良の平井地区で開かれる「連柿の郷 ふれあい秋まつり2017」の事前準備のために、連柿の状況を見に出掛けました。  「伊自良大実連柿」で知られる干し柿です。渋柿を平らな竹串に3つ刺し、藁で10段を編み込みます。それを民家の軒先に干しますが、ちょうど、簾(すだれ)のようになり、家が簾で覆われた状態になります。伊自良特有の干し柿「伊自良大実連柿」は…

続きを読む