岐阜市周辺の紅葉情報 第2弾

■岐阜市周辺の紅葉情報 第2弾

 山県市美山に出掛けましたので、帰路に三光寺と岐阜市の大智寺、真長寺の紅葉を見てきました。10日前に真長寺と大智寺の紅葉の様子を紹介しましたが、その後の急激な寒さの影響で、色付きが増していました。今週いっぱいが見ごろのような感じです。この日は、雨模様でしたので、モミジの色付きはあまり映えませんが、それでも、きれいでした。

 まず、三光寺です。「あじさいの山寺」として知られる三光寺ですが、境内には多くのモミジの木が見られます。「あじさい祭り」の時には、緑の葉が美しく、紅葉を見に来たいと思いました。駐車場から本堂への道には左右に色付いたモミジが出迎えてくれます。

▼三光寺の紅葉

DSCN8789.JPG


▼動画 三光寺の紅葉
 


 次いで訪れたのは、岐阜市三輪北の大智寺。こちらは、樹齢800年ほどの大ヒノキが有名ですが、境内には多くのモミジの木が植えられています。

 「獅子庵」から参道を正門に歩くのもいいのですが、裏側の門から庭に入ると、様々なモミジの色付きが楽しめます。そして、大ヒノキの近くに寄ると、紅葉と大ヒノキの緑、さらに鐘楼が見えます。美しい景観ですね。

▼大智寺の紅葉

DSCN8807.JPG


▼動画 大智寺の紅葉



 最後は。岐阜市三輪の真長寺。こちらのお寺は毎年「もみじまつり」が開催され、近隣の市町村から訪れる人が大勢います。石庭のコケの緑とモミジの紅い色が美しいですね。「まつり」では、一般公開された文化財を鑑賞し、庭先で抹茶(有料)をいただきながら、庭を拝見するのがコースです。本来は、釈迦如来座像にお参りしてから、その後に庭を拝見するのがルートでしょうが、気持ちは、紅葉にありますので、お参りは、最後になってしまいます。

▼真長寺の紅葉

DSCN8817.JPG

 今年の真長寺の「もみじまつり」は、11月25日と26日にが開かれます。

▼動画 真長寺の紅葉




この記事へのコメント