恵方巻きの海苔をご祈祷

■恵方巻きの海苔を三光寺で祈祷してもらいました
 2月3日の節分を前に、山県市中洞の手作り郷土料理の店「さくら工房」の松本須磨子さんと大鹿たか子さんが1月30日、アジサイ寺で知られる三光寺(室戸弘全住職)で節分に食べる太巻き寿司・恵方巻きに使う海苔(のり)を祈祷してもらい、購入者らの開運や無病息災を祈りました。

DSCN0742.JPG

 同店では、15年前の開店以来、同寺で恵方巻き用の海苔を祈祷してもらっています。この日は、松本さんと大鹿さんが持参した1000枚の海苔が護摩壇に置かれ、室戸住職が護摩を焚き、加持祈祷しました。
 松本さんと大鹿さんは「ご祈祷してもらうと身も心も洗われます。ご購入いただいた皆さんの健康と開運を祈りました」と、2月3日の販売に向けて話していました。

 さくら工房のご祈祷済みの海苔を使った恵方巻きは、予約販売=Fax0581(52)1041=のみ。
 ◆受付時間:2月2日の正午まで
 ◆問い合わせは同店=電話0581(52)1041=へ。
 

この記事へのコメント