平和の鐘 鳴り響く

■平和の鐘 鳴り響く

 「岐阜空襲の日」の7月9日、空襲で亡くなった犠牲者を追悼し、平和を願う鐘の音が岐阜市内の寺院で鳴り響きました。
 岐阜空襲は、昭和20(1945)年7月9日午後11時30分から翌10日午前2時ごろにかけて、米軍爆撃機B29よる空襲が行われ、市街地の8割が焼かれ、約900人の市民が亡くなりました。岐阜市長良地区では、旧長良橋北詰めで70軒ほどが被災しました。
 この日は午前中m長良地区の崇福寺や専応寺などで、訪れた人たちが平和への願いを込めて鐘を鳴らしました。また、専応寺では、本堂前に岐阜空襲を特集した新聞記事や戦争をテーマにした絵本などが展示されました。

DSC07685_01.jpg
DSC07739_01.jpg
DSC07786_01.jpg
DSC07919_01.jpg
DSC07754.JPG

この記事へのコメント