災害に強いまちづくりへ岩野田で「防災展」

■災害に強いまちづくりへ岩野田で「防災展」

 大切な生命を守るために過去の災害に学び防災意識を高めようと11月1日~3日まで、岐阜市の岩野田小学校体育館で「岩野田防災展」が開かれました。

DSC02104.JPG

 岩野田地区は、昭和51年9月12日に安八町で長良川堤防が決壊した9.12豪雨災害の際、浸水被害を受けたことから、この災害から学び、今後に備えようと開催しました。
 会場には、9.12豪雨災害の被災状況を伝えるパネルのほか、地域の人たちから提供された新聞記事スクラップや岩野田の被災写真などが展示され、内水ハザードマップで浸水箇所をチェックすることを呼びかけました。
DSC01907.JPG
DSC01921_01.jpg
 このほか、濃尾震災や近年の風水害の被災状況をパネルで紹介。また、液状化やペットボトルを使った雲のできかた、気圧実験などができるコーナーも設けたり、避難所で設置される簡易テントやトイレなども展示されました。
DSC01991_01.jpg
DSC02116.JPG


 

この記事へのコメント